印刷する 印刷する

【2018年1月の課題】投資家が評価する実効的なコーポレートガバナンス

2018年1月の課題

取締役会の実効性の向上を図るため、政府からコーポレートガバナンスに関する様々な指針やガイドライン(例えばCGSガイドライン、価値協創ガイドライン)が公表されています。
また、機関投資家や議決権行使助言会社も、コーポレートガバナンスに関する基準を設定するケースが増えています。
投資家から評価されるコーポレートガバナンスのあり方とはどのようなものか、改めて考えてみてください。

このコンテンツは会員限定です。会員登録(有料)すると続きをお読みいただけます。

模範解答を見る
まだログインがお済みでない場合はログイン画面に遷移します。
会員登録はこちらから