役員人材バンク

 上場会社役員ガバナンスフォーラムは、上場会社の適切なコーポレートガバナンス実現のため、社外取締役のほか、取締役、社外監査役、監査役などに対する上場会社の役員求人ニーズと、その候補者のマッチングを支援します。

社外取締役・取締役、社外監査役・監査役等の採用を希望する会社はこちら
社外取締役・取締役、社外監査役・監査役等の役員候補として役員人材バンクに登録する

会員登録はこちらから
※本サービスをご利用になるには会員登録が必要です。


インタビュー  役員の人材マーケットの実状と成功する転職

 役員の人材マーケットの実状、企業が求める人材、転職のタイミング・年齢、年収―――等々、他社の役員への転職や社外役員就任を考える方にとって気になるテーマについて、これまで多くのエグゼクティブの転職を実現してきた㈱リクルート・エグゼクティブエージェントのトップコンサルタント、森本千賀子様にお話をうかがいました。

企業が役員の外部採用に積極的になっている理由

―――企業の中枢を担う役員というと、“内部昇進”をイメージする人も多いと思います。企業が外部から役員を採用する動きは強まっていますか?

森本 強まっていますね。実際、リーマンショックの後、人材紹介業界全体では求人案件数が大幅に減り、エグゼクティブ層も同様に一時的に採用を控える企業が増加しました。ただ他のポジションでの採用と違い、企業はたとえリストラクチャリング、ダウンサイジングをしなければならない局面でも、同時に、企業としての生き残り策や成長戦略を描いていく必要があるため、その後時間をかけずに採用の依頼が回復しました。長年社内にいた人は、どうしても先入観や固定概念、過去の成功体験を引きずりがちです。過去を否定して、チェンジマネジメントのための新しい施策や改革、イノベーションを打ち出していくのは難しい面があります。特にこれまでの事業の延長線上にないイノベーティブな新規事業を立ち上げるには、「過去の否定」ができる人が必要となります。社内人脈のしがらみがある既存の役員にとって、それはかなり勇気のいることですし、それゆえ大胆な施策が打てないというのはやむを得ない部分もあります。そこで、何か新しいことをやろうとする場合には、むしろ外部の人材を“新しい風”として迎え入れようと考える企業が増えているわけです。

――――なるほど。外部から役員を採用しようと考える企業の傾向はありますか?

森本 近年目につくのは、東証1部、2部に上場しているような超大手から中堅企業、なかでもこれまで“新卒一辺倒”の採用を行ってきたところです。こうした企業が新規事業を立ち上げたり海外展開しようという場合、社内で登用できる人材の頭数が限られているのが現状です。特に、海外展開を担える人材は明らかに不足しています。

――――大量に新卒を採用している大手企業でもそのような人材がいないというのは意外ですね。

森本 そうですね。大手企業では、一旦海外に出た人材はずっと海外での勤務を継続されるケースが少なくありません。次に海外事業にアサインできる人材を社内で育てられていないので、後任が出せず「帰って来れない」という面もあります。実際、特定の人が10年、20年と海外にいることもあります。逆に言うと、こういう海外に順応している人がいる一方で、それ以外の既存の社員はドメスティックなところだけをやっていればよかったんですね。昨今では、社内公募しても積極的に手を挙げる若手人材も少ないと嘆く人事の方もいます。若手社員でさえもコンサバティブなマインドセットであることに危機感を持たれていますね。
 いわゆる“次世代幹部”と言われる人達であっても海外事業に適応できる人材は不足しているという企業が多いようです。これまで、企業の海外展開というと、製造業による生産拠点の移転目的が多かったのですが、これからは日本市場だけを見ていたらどんどんシュリンクしてしまうのではないかとの危機感で、製造業に限らず、様々な業界、産業が「マーケット」を求めて海外進出を本格化させています。これに伴って、海外事業を担える幹部を外部から採用しようという流れはますます強まると思います。

―――具体的にはどのような人材が求められているのでしょうか?

森本 海外事業を管掌できる役員、それから現地法人の代表を採用したいというニーズは非常に強いです。また、社内の“次世代”にもそのような人材が少ないということで、役員候補としての採用ニーズもあります。

prof森本千賀子(もりもと ちかこ)
1970年生まれ。現株式会社リクルートエグゼクティブエージェント エグゼクティブコンサルタント。
獨協大学外国語学部英語学科卒、1993年リクルート人材センター(現リクルートキャリア)に入社。リクルーティングアドバイザーとして、大手からベンチャーまで幅広い企業に対する人材戦略コンサルティング、採用支援サポート全般を手がけ、主に経営幹部・管理職クラスを求めるさまざまな企業ニーズに応じて人材コーディネートに携わる。約1万人超の転職希望者と接点を持ち、約2000人超の転職に携わる。設立以来の累計売上実績は社内トップ。入社1年目にして営業成績1位、全社MVPを受賞以来、常にトップを走り続けるスーパー営業ウーマン。受賞したトロフィーは段ボール箱2箱分はあるという。
特に、ベンチャー企業、株式公開予備軍の顧客情報・顧客リレーションが強み。
過去の膨大な決定事例から、企業の成長フェーズにあわせた課題解決には定評があり、多くの経営者のよき相談役として公私を通じて頼りにされている。2012年4月より株式会社リクルートエグゼクティブエージェントに転籍。
プライベートでは、家族との時間を大事にする「妻」「母」の顔も持ち、「ビジネスパーソン」としての充実も含め”トライアングルハッピー”を目指す。
「自分らしいワークライフバランス」を意識しつつも、仕事と家庭の両立を目指しながらエグゼクティブ層の採用支援、外部パートナー企業とのアライアンス推進などのミッションを遂行し、エグゼクティブコンサルタントとしての活動領域も広げている。現在、10歳と5歳と2男の母。
著書: 『リクルートエージェントNO.1営業ウーマンが教える 社長が欲しい「人財」!』(大和書房)、『No.1営業ウーマンの「朝3時起き」でトリプルハッピーに生きる本』(幻冬舎)、『HONKI SWITCH ON ~本気になれば人生が変わる~』(ナナ・ブックス)、『メンターBOOKS女性管理職Q&A』(朝日新聞出版社)、『1000人の社長から信頼される人の仕事の習慣』(日本実業出版社)、『後悔しない社会人1年目の働き方』(西東社)
TV出演: 2012年7月、2013年12月には『NHKプロフェッショナル~仕事の流儀~』の番組に出演。