印刷する 印刷する

全株懇が最新の調査結果公表、“ガバナンス対応型総会”への流れ鮮明

本日11月20日、全国株懇連合会(以下、全株懇)は「平成29年全株懇調査報告書 ~株主総会等に関する実態調査集計表~」(以下、全株懇調査)を公表した。

全株懇調査とは、上場会社を中心とする全株懇の加盟会社を対象に、毎年の株主総会のほか、最近のトピックスであるコーポレートガバナンス・コード関連のテーマなどへの対応状況を把握するために実施されるもの。今回の実態調査で浮き彫りとなった主な傾向を紹介しよう。・・・

このコンテンツは会員限定です。会員登録(有料)すると続きをお読みいただけます。

続きはこちら
まだログインがお済みでない場合はログイン画面に遷移します。
会員登録はこちらから