【緊急WEBセミナー】新型コロナウイルス流行下における定時株主総会の実務

概略

【セミナー収録日】2020年5月1日(金)

新型コロナウイルスの感染拡大により、決算作業や監査業務に遅れが生じていることや、感染拡大防止に向けた政府の緊急事態宣言により、総会会場として予定していた施設を使用できなくなるケースが続出していること等、定時株主総会の実務に直接的な影響を与える問題が生じています。このような事態を踏まえ、経産省、法務省、金融庁、東証、経団連等から、定時株主総会の実務に関する様々な見解が公表されており、本年の定時株主総会の準備を進めていく際には、これらの見解を把握した上で対応していくことが重要になってまいります。こういった実務の動向を踏まえ、「株主総会の開催を延期することを決定した上場会社」や「株主総会開催後に改めて継続会を開催することを決定した上場会社」も出てきておりますので、新型コロナウイルスの感染拡大状況や自社の置かれた立場を踏まえ、株主総会のスケジュールや開催方法を検討することが喫緊の課題になっています。また、株主や役職員の感染リスクを低減し、新型コロナウイルスの感染拡大を防止する観点から、株主総会の準備を進めていただく必要があり、例年とは異なる取組みが求められるポイントも複数ありますので、株主総会の実務担当者の皆様のご負担は非常に大きくなっております。そこで当フォーラムでは、「緊急セミナー」として、これまで多くの上場企業に株主総会対応をアドバイスしてきたTMI総合法律事務所の鈴木貴之弁護士に、新型コロナウイルス流行下で開催する定時株主総会への対応についてご講演いただきます。本WEBセミナーでは、経産省、法務省、金融庁、東証、経団連等が公表している定時株主総会に関する様々な見解等を踏まえ、「新型コロナウイルス流行下において、どのような点に留意しながら定時株主総会を準備していけばよいのか」を解説していただきます。

【講師】TMI総合法律事務所 パートナー 弁護士 鈴木 貴之

セミナー資料 新型コロナウイルス流行下における定時株主総会の実務.pdf
セミナー動画
(1) 新型コロナウイルス流行下における定時株主総会の実務1・・・・第1章 新型コロナウイルスの影響(総論)、第2章 株主総会の事前準備
50280a

(2) 新型コロナウイルス流行下における定時株主総会の実務2・・・・第2章 株主総会の事前準備(続き)
50280b

(3) 新型コロナウイルス流行下における定時株主総会の実務3・・・・第3章 株主総会招集通知
50280c

(4) 新型コロナウイルス流行下における定時株主総会の実務4・・・・第4章 株主総会当日の運営
50280d

(5) 新型コロナウイルス流行下における定時株主総会の実務5・・・・第5章 上場会社の定時株主総会の動向、第6章 株主総会に関連する事項
50280e
本Webセミナーを閲覧して感じたことや気付いた点(学んだ点、疑問点、自社の課題など)を下の右側の「感想の登録」ボタンを押してください。マイ研修レポートの所感等記入欄の書き直しもこちらからどうぞ。

感想の登録