印刷する 印刷する

【新任役員向けトレーニングプログラム】個人株主作りと株主総会の活性化

概略

株式持合いの解消が進む中で存在感を増しているのが「個人投資家」と「機関投資家」です。本講義では、個人株主が注目される理由を分析した上で、株主総会をIR活動の一環として活用する「IR型株主総会」のトレンドや会社法改正の動き(株主総会情報の新たな電子提供制度の導入)がIR型株主総会に与える影響について解説します(なお、「機関投資家」については「機関投資家との対話に向けて」で解説します)。

【講師】三菱UFJ信託銀行株式会社 法人マーケット統括部 次長 中川 雅博
【講義時間】31分20秒
【目次】
1 個人株主作りの必要性
2 個人領域におけるSR/IRの状況
3 株主総会の変遷
4 IR型株主総会への移行
5 IR型株主総会の進展
6 IR型株主総会の進展(今後に向けた動き)

講義資料 個人株主作りと株主総会の活性化.pdf(818KB)
講義

個人株主作りと株主総会の活性化
newseminar18059

新任役員向けトレーニングプログラムの受講者は、資料名や講義画像をクリックすることで、
受講者限定コンテンツ(講義および資料)をご覧いただけます
(まだログインがお済みでない場合はログイン画面になります)。

※本トレーニングプログラムは、上場会社役員ガバナンスフォーラムの会員資格だけでは
ご利用できないオプションのサービスです。
上場会社役員ガバナンスフォーラムの会員は、
本トレーニングプログラムを会員向けの割引価格(会員価格)でご利用できます。
上場会社役員ガバナンスフォーラムの会員ではない方が、
本トレーニングプログラムのみを受講することもできます。
詳細は、下の「お申込み」ボタンを押してご確認ください。
bluebtn_omoushikomi