印刷する 印刷する

【2018年5月17日(木)開催】日本企業の海外安全対策の開拓者が語る「海外危機管理実務対応セミナー」が開催されます。

多くの中小企業が海外進出する中、進出国の法制度や文化・慣習の違いにより、予想外の困難な状況に直面するケースが少なくありません。このような状況に適切に対処するために、海外子会社に対するグループガバナンスを構築する必要性が強く認識されるようになってきています。
東京商工会議所・東京海上日動火災保険の共催により、企業の海外進出サポートの第一線で活躍する専門家が、海外子会社に対するリスクマネジメントや企業の安全対策の生々しい現実を解説するセミナーが開催されます。

<セミナー概要>

  • 第一部 海外子会社のリスク管理とグループガバナンス
  • 第二部 海外進出企業のクライシスマネジメント
  • 【日時】2018年5月17日(木)14時00分~16時30分
  • 【場所】株式会社アビタス新宿本校セミナールーム(渋谷区代々木2-1-1 新宿マインズタワー15F)
  • 【講師】第一部 EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社
              シニアマネージャー・公認会計士 村松 淳哉 氏     
        第二部 株式会社亀屋 代表取締役社長 山崎 正晴 氏
  • 【セミナー参加費】無料(東京商工会議所の会員でない企業の方々も無料でご参加頂けます。)
  • 【定員】100名(定員になり次第締め切らせていただきます)

当フォーラムにも開催のご案内をいただいておりますので、参加をご希望の方は下記よりお申込みください。
セミナーへの参加申込みはこちらから