印刷する 印刷する

【役員会 Good&Bad発言集】内部公益通報制度の設計(3)

東証一部上場会社のY社の取締役会では、先月に引き続き、内部通報制度の在り方の見直し案を検討中です。内部公益通報の受付に関する論点について意見を求められた次の3人が下記の発言を行いました。誰の発言がGood発言でしょうか?

取締役A:「規程には、公益通報者が不利益となるような取扱いを防ぐための措置だけでなく、公益通報者が不利益な取扱いを受けていないかをどうやって把握するのかについても盛り込んだ方がいいのではないでしょうか。」

取締役B:「情報管理の観点から、公益通報者本人から通報内容が流出する可能性にも備える必要があるのではないでしょうか。」

取締役C:「通報者本人が通報内容を自ら流出させることは考えにくいので、それは考慮する必要がないでしょう。それとは別の話ですが、内部公益通報への対応結果を内部公益通報をした者に伝える必要があるのではないでしょうか。」

取締役D:「内部公益通報への対応結果は経営問題や人事に直結する問題なので、内部公益通報をした者にあえて伝える必要はないと考えます。」

このコンテンツは会員限定です。会員登録(有料)すると続きをお読みいただけます。

解説と正解はこちらをクリック
まだログインがお済みでない場合はログイン画面に遷移します。
会員登録はこちらから