印刷する 印刷する

【役員会 Good&Bad発言集】「ビジネスと人権」への対応(5)

東証上場会社のA社では、投資家からの問い合わせをきっかけとして取締役会で「ビジネスと人権」への対応についての検討を行っているところです。これに関してA・B・C・Dの4人が別々に次の発言を行いました。誰の発言がGood発言でしょうか?

取締役A:「インターネットを通じて外部の誰でも書き込めるようにする通報窓口を設置するのはいかがなものかと思います。通報窓口は従業員向けの社内ポータルサイト内にだけ開設してはどうでしょうか。」

取締役B:「通報窓口では当事者本人からの通報だけを受け付けるようにして、当事者本人ではない者、たとえば団体からの通報は、主体が別である以上受け付けないようにしてはいかがでしょうか。」

取締役C:「『苦情処理メカニズムにおけるエンゲージメント』って、要するに人権侵害について機関投資家と議論するということですよね。」

取締役D:「人権侵害の苦情への対応結果は何から何まですべてを公表すればいいというものではないと考えます。公表によりあらたな人権侵害をもらたすことだけは避けなければなりません。」

このコンテンツは会員限定です。会員登録(有料)すると続きをお読みいただけます。

解説と正解はこちらをクリック
まだログインがお済みでない場合はログイン画面に遷移します。
会員登録はこちらから