2019/07/05 金融商品時価の「レベル別開示」義務化、1年遅れに 自社への影響精査を

企業会計基準委員会(ASBJ)は2019年7月4日、企業会計基準第30号「時価の算定に関する会計基準」(以下、時価算定基準)を公表した(時価算定基準の詳細は2019年2月20日のニュース『金融商品の時価の「レベル別開示」 … 続きを読む

2018/06/08 【配当】配当をしたい

ご質問(本稿に関係ないことでも結構です)、取り上げて欲しいテーマは事務局まで   配当の上限を定める「分配可能額」 株主に対して利益を還元するため、多くの会社が配当を行っています。「連結純利益の●パーセント」「株主資本の … 続きを読む

2018/05/28 ケーススタディ「会社の成長ステージに応じて株主還元策を見直したい」を更新しました。

ケーススタディ「会社の成長ステージに応じて株主還元策を見直したい」を更新しました。 本稿で引用している生命保険協会の調査データ、剰余金処分議案に対する機関投資家の考え方を最新のものに更新したほか、DOEを配当政策に取り入 … 続きを読む

2018/05/27 ケーススタディ「買収防衛策の導入(継続)議案に、より多くの賛成票を得たい」を更新しました。

ケーススタディ「買収防衛策の導入(継続)議案に、より多くの賛成票を得たい」を更新しました。 議決権行使助言会社ISSが設ける買収防衛策導入(継続)の賛否基準を2018年版に更新したほか、カプコンについて2015年および2 … 続きを読む

2018/05/27 ケーススタディ「IR活動により適正な株価を形成したい」を更新しました。

ケーススタディ「IR活動により適正な株価を形成したい」を更新しました。 ケーススタディ「IR活動により適正な株価を形成したい」の「IR活動に必要なスキルとマインド」の最終段落および「チェックリスト」の一番最後に、コーポレ … 続きを読む

2015/08/18 【ディスクロージャー】投資家の投資判断に影響を与えそうな事実の発生や決定があった

ご質問(本稿に関係ないことでも結構です)、取り上げて欲しいテーマは事務局まで   適時開示と法定開示とIR情報、投資判断への影響がもっとも大きいのは? 上場会社の役員であれば、少なくとも「適時開示」という言葉は知っている … 続きを読む

2015/06/30 【機関投資家対応】コーポレートガバナンスで高い評価を受けたい

ご質問(本稿に関係ないことでも結構です)、取り上げて欲しいテーマは事務局まで   コーポレートガバナンスを評価するのは誰か コーポレートガバナンス・コードの実施などを受け、コーポレートガバナンスに対する投資家の関心が益々 … 続きを読む

2015/05/11 【機関投資家対応】投資ファンドから社長との面談を求められた

ご質問(本稿に関係ないことでも結構です)、取り上げて欲しいテーマは事務局まで   相手を知ったうえで自社を点検する 近年、投資ファンドの活動が活発化しています。リーマン・ショック直後は活動が停滞する時期もありましたが、そ … 続きを読む

2015/02/08 【ディスクロージャー】統合報告書を出したい

ご質問(本稿に関係ないことでも結構です)、取り上げて欲しいテーマは事務局まで   「統合報告」の背景に“行き過ぎた短期偏重” 最近メディア等で「統合報告」という言葉を目にする機会が増えました。ただ、統合報告書を単に「アニ … 続きを読む