印刷する 印刷する

【2019年11月の課題】改正民法への対応

2019年11月の課題

2020年4月1日から改正民法(債権関係)が施行されます。改正民法では、消滅時効の見直し、法定利率の見直し、保証制度の見直し、債権譲渡に関する見直し、約款(定型約款)に関する規定の新設など、企業に関係のある改正事項が多く含まれています。自社の事業に照らし、自社に関係のある改正項目は何か、またそれに対しどのような対応を図るべきか、検討してみてください。

このコンテンツは会員限定です。会員登録(有料)すると続きをお読みいただけます。

模範解答を見る
まだログインがお済みでない場合はログイン画面に遷移します。
会員登録はこちらから