印刷する 印刷する

【2021年9月の課題】MSワラントの発行に際し取締役会が検討すべき事項

2021年9月の課題

かつてライブドアが発行したことで話題を呼んだMSCB(Moving Strike Convertible Bond=転換価額修正条項付転換社債)を想起させるMSワラント(Moving Strike Warrant=行使価額修正条項付新株予約権)を活用した資金調達を検討する上場会社が増えているようです。。

MSCBの場合は調達金額が決まっている一方で転換価額が変動するため、発行株式数は決まっていませんが、MSワラントはあらかじめ発行株式数が決まっており、希薄化の上限が確定しているという点でMSCBとは異なるものの、MSワラントを発行を公表した上場会社の株価は公表後に下落する傾向があります。

このような特徴を持つMSワラントの発行に際し、取締役会が検討すべき事項について考えてみてください。

このコンテンツは会員限定です。会員登録(有料)すると続きをお読みいただけます。

模範解答を見る
まだログインがお済みでない場合はログイン画面に遷移します。
会員登録はこちらから