印刷する 印刷する

“自社の株主”としてのノルウェー政府系ファンド」の考え方

上場会社の役員でも、ノルウェーの政府系ファンド「Norge Bank Investment Management」(以下、同ファンド)という名称を知っている人は意外と少ない。しかし、その影響力は絶大だ。運用資産額は、世界最大のGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)に次ぐ1.1兆ドルにのぼり、グローバルで約9000社の株式を保有している。巨額の資金を運用する海外の政府系ファンドの中でも最も規模の大きい投資家である。

その巨大さとともに、同ファンドのもう一つの特徴と言えるのが、・・・

このコンテンツは会員限定です。会員登録(有料)すると続きをお読みいただけます。

続きはこちら
まだログインがお済みでない場合は
ログイン画面に遷移します。
会員登録はこちらから